発熱や咳の症状がある方は待合室の利用が出来ません。コロナウイルスによる感染を疑われ経過観察中の方は受診をお控えください

皮膚科には乳幼児から高齢の方まで受診されます。また、妊娠中の方、高齢者施設などに入所中の方、自己免疫疾患の方なども多く受診されます。ご本人は軽症や無症状だからほかの方も大丈夫とは限りません。

新型コロナウイルスに関しては、日本では現時点では軽症の方が多いようですが、基礎疾患をお持ちの方などは重症化し生命に危険が及ぶ可能性があります。他国では医療機関が感染を拡大する場所となっているケースも多いようです。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

当院での対応

1.            雨天時以外は、待合室の窓を解放します。雨天時も定期的に換気をおこないます。温度調節をしやすい服装でご来院ください。

2.            キッズスペース(もともと建て替え後に狭くなって申し訳ございません)のテーブル以外の備品を撤去します。

3.            入口に消毒液を置きますので、必ず受付前にご利用ください。

4.            待合室ではできるだけ他の患者さんと距離を置いてお待ちください。i-callをご利用して待合室の滞在時間を短くすることをお勧めします。当院には立ち寄らず、電話再診による処方箋をFAX等で薬局に送ることも可能です(詳細は→こちら)

5. 全員の方に必ずマスクの着用をお願いします。(マスクの無い方は受付に簡易マスクがあるのでご相談ください)

Q&A

Q.1 3か月前に足底のほくろで受診して、そろそろ診せに行く時期なんだけど、熱と咳が出ているけど重症じゃないから受診していい?

A 体調が回復して一定期間経過後に受診下さい。

万が一、明らかに拡大していたりどうしても受診が必要な場合はまずお電話でご相談して下さい。場合によってはお車で待機していただいて駐車場で診察するなどの対処をさせていただくかもしれません。申告なく受診して待合室をご利用することは絶対にしないでください。

 

Q.2マスクを持って無いんだけど

A. 使い捨てのサージカルマスクが一番良いのですが、当院でもなかなか手に入りません。布製のマスクでも大きい飛沫の拡散は防げる可能性があります。それもお持ちでない方は、過去のインフルエンザ流行後に当院で購入したマスク(小型で薄い簡易的なマスクなのですが)が受付にありますので、ご使用ください。数に限りがありますので、お一人様1枚でお願いします。可能な限りご自宅より持参されたマスクをご利用ください。

 

Q.3 発熱があるんだけど受診しちゃいけないの?咳だけ続いている場合も?

 

A.    不急の症状であれば、体調が回復し一定期間経過後に受診をお願いします。

急を要する場合(例えば内科で治療していたら皮膚に症状が出てきて、内科の先生に皮膚科受診を勧められた。)というようなケースでは、事前に必ずお電話でご相談ください。

場合によっては他院の受診をお勧めしたり、お車で待機していただいて駐車場で診察するなどの対処をさせていただくかもしれません。

申告せずに直接受診して待合室を使用する事はお控えください。それは他の患者さんや当院職員に対する暴力行為とほぼ同じです。


令和2年4月19日更新。 状況や法令により予告なく方針が変更となる可能性があります。予めご了承ください。

トップページへ戻る 

i-callへ戻る